人は1日にどれだけ食べると太るのか?

ダイエットに取組む上で、食習慣を見直すということは必要不可欠
では、人はどれだけ食べれば(カロリーを摂取すれば)太り、どれだけ食べれば痩せるのか・・・?まずはこの目安を知っておく必要があります。

そこで、それについてざっとですが下に書かせていただきました。
表1:15~69歳における各身体活動レベルの活動内容

 身体活動レベル  低い(Ⅰ)  普通(Ⅱ)  高い(Ⅲ)
 日常生活の内容  生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合  座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合  移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合

表2:エネルギーの食事摂取基準:推定エネルギー必要量(kcal/日)

 性別   男  男   男  女  女  女
 身体活動レベル Ⅰ  Ⅱ   Ⅲ  Ⅰ Ⅱ  Ⅲ 
 15~17(歳)  2350  2750  3150  1900  2200  2550
 18~29(歳)  2300  2650  3050  1750  2050  2350
 30~49(歳)  2250  2650  3050  1700  2000  2300
 50~69(歳)  2050  2400  2750  1650  1950  2200
 70以上(歳)  1600  1850  2100  1350  1550  1750

※表1、表2ともに厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2005年版)』資料より一部抜粋させていただきました。

基本的には加齢と共に基礎代謝量が減少するため エネルギーの食事摂取基準もそれと同様に加齢と共に減少していきます

男女でエネルギーの食事摂取基準は異なります(基本的には女性の方が少ない)。ですから、例えば旦那さんと全く同じ量のカロリーを摂取していては、太りやすいといえるかもしれませね。

生活習慣(身体活動レベル)により摂取しても太らないエネルギー量が変わってきます。生涯に渡りスリムボディを維持するためには運動習慣の維持が必要であるという理由の一端が見えますね。

日頃、食物を口にする際、頭の中で簡単でもいいのでカロリーの計算ができるようになると、ダイエット成功への近道になります・・・というよりは必須次項ですね^^