有酸素運動、無酸素運動

トレーニングをするにあたり、知っておきたいことの一つに運動の種類というものがあります。
簡単にダイエット成功を実現させるためには、『有酸素運動と無酸素運動』、これらの特徴とその効果、意味を知っておく必要があります。それでは、具体的に説明させていただきます・・・

●有酸素運動:

ジョギング、ウォーキング、サイクリング、エアロビクスなどが代表的な有酸素運動です。運動の強度は自分の能力の5割程度、軽く汗ばむ程度がよいといわれています。

この運動のエネルギー源は体内に蓄えられている体脂肪だといわれています。また、体脂肪燃焼の材料として酸素が必要であるため、有酸素運動といわれています。

メリット

脂肪を燃焼させる効果が高いといわれています。

デメリット
長時間続けると脂肪を体内にためようとするサインであるインスリンというホルモンが分泌されてしまう。
↑↑このデメリットを解消させるための方法はコチラで説明していますから安心して読み進めてください。

●無酸素運動:

短距離走、筋力トレーニングなどが代表的無酸素運動です。

瞬間的に強い力を使う運動で、グリコーゲン(糖質)を主原料として使う。この運動は酸素を使用しないため、無酸素運動といわれています。

メリット

基礎代謝UP⇒痩せやすい身体作りに必須
無酸素運動をするとインスリンをかき消す役割を持つ成長ホルモンがでる

デメリット

トレーニングが苦しい
有酸素運動にくらべると脂肪燃焼の即効性が低い

これらから、ただ、ダイエットといえば、ただ有酸素運動だけをしていればよいというわけではないということがわかります。

ダイエットといえど、無酸素運動(筋力トレーニング)は必要不可欠です。バランスよく組み合わせることで、簡単にダイエットを成功させるための近道となります。